ひきこもりの原因は容姿コンプレックス?

体験談から見えてくる、ひきこもりの原因とそのパターン

ひきこもりからの第一歩!TOP » ひきこもりの原因と体験談 » 容姿コンプレックスが原因のケース

容姿コンプレックスが原因でひきこもりに陥ってしまったケースについて、中2女子の体験談をご紹介します。
容姿コンプレックスがひきこもりの原因になってしまったケースとは

当時は本気で絶望していた

コンプレックス01もともと自分の容姿があまりよくないと自覚していたんですが、中2の頃、本気で自分の顔が嫌になり絶望して、あっけなくひきこもり生活がスタートしました。

以前にも不登校だった時期はあったんですが、この時は学校だけじゃなく家から一歩もでないという、正真正銘のひきこもり状態でした。起きている間は大声でわめいたり、暴れたり、放心状態でぼーっとしていたりと、心が安らぐ時間なんて一時もありませんでした。

友達は論外、赤の他人にすら顔を見られたくないので一切の外出をしない日々。家族は当然心配して、精神科医への通院を進めてきましたが、病院へ行くには外へ出なければいけないんで、断固拒否してました。

死にたいけど死ねない、暴れたくないのに暴れる

コンプレックス02荒れ放題に荒れていた当時、「死んでしまいたい」という感情が湧きあがってくるのが止められないけど、確実な自殺を実行する勇気はなく、自傷行為を繰り返したり周囲へ八つ当たりしたり、そんな自分に対する自己嫌悪に陥ったりと、支離滅裂な状態でした。

自分では制御不能で、当時は家族には本当に多大な迷惑をかけていたと思います。

そんな風にすごすうちに、自分の全てが嫌になり、自分は生きる価値がないんじゃないかと思えてきたり、両親に対してどうして私を産んだんだと食って掛かったりもしていました。

救ってくれたのは、ずっと支えてくれた家族

コンプレックス03私の容姿コンプレックスは数年間に及びました。

その間、私のことを思い続け、支え続けてくれた家族への気持ちは、感謝以外にありません。

精神科に通院したり入院もしたりするうちに、暴れ疲れたのか、自分を責めるのに疲れたのか、自分でも理由はよくわからないんですが、発作の頻度も徐々に減り、落ち着きを取り戻すようになりました。

今では全くもって普通に、前向きに生活しています。ありのままの自分を受け入れられるし、コンプレックスを乗り越えたという自信があります。

ひきこもりの原因と体験談

親の過保護が原因になるケース
親の過保護や過度な期待がひきこもりの原因となったケースについて、体験談を紹介しています
友達関係のこじれが原因になるケース
友達との人間関係のこじれが原因でひきこもりに陥ったケースについて、その体験談を紹介しています
 

病気が原因になるケース
病気が原因でひきこもりとなったケースについて、その体験談を紹介しています。
いじめが原因になるケース
クラスメイトからのいじめが原因でひきこもりとなった児童のケースと、その体験談を紹介しています。
 

家庭内暴力へエスカレートするケース
ひきこもりが原因で家庭内暴力へとエスカレートしたケースと、その体験談を紹介します。
勉強の遅れが原因になるケース
勉強の遅れが原因でひきこもりが始まったケースと、その体験談を紹介しています。
 

うつが原因になるケース
子供が無理をした結果うつになり、ひきこもりになった体験談と、対処法を紹介しています。
容姿コンプレックスが原因のケース
容姿コンプレックスが原因でひきこもりになってしまったケースについて、体験談をご紹介しています。