家庭教師をつけることで自信をつけさせる~ひきこもりの対策

※家庭教師は公的な資格を持ったカウンセラーではありませんし、勉強を教えるプロである教員免許を持っていない
場合が多いです。あくまで補助的な役割だと認識することが必要です。

体験談から見えてくる、ひきこもりの原因とそのパターン

子供にとって話し相手として親戚や近所の方に頼んでみるのも有効です。

「ひきこもり対策」に信頼できる相談相手を

信頼できる相談相手の存在家にひきこもっている子供を持つ両親なら、「とにかく早く学校に行けるようになってもらいたい」と思う方がほとんどではないでしょうか。

ずっと家にこもっていては不健康だし、精神的にも良くありません。また、学校に通っていないと勉強についていけなくなるのではないか、学習能力にどんどん差がついてしまうのではないかと心配し、学校に行って欲しいと願う場合もあるでしょう。

学校に行けない理由はさまざまですが、中には成績不振や勉強の遅れから不登校や登校拒否になる子もいます。大人からすればさほど深刻には思えないような問題も、子供は深く傷ついていたり、真剣に悩んでいる場合もあるもの。

ひきこもりが長期間にわたっているのであれば、学校に戻ることへ不安を覚える子供もいるでしょうし、クラスに再びなじむことができるのか、勉強についていけないのではないかと焦りを抱えている子もいるでしょう。本当は狭い部屋にこもっていたくはないけれど、何らかの心の葛藤から外の世界へ恐怖を感じるのがひきこもりです。

マンツーマンで授業を行う家庭教師

家庭教師がひきこもりを改善するまたひきこもりから脱出させるために、子供に自信をつけさせることも大切。それは、学校に戻ってからスムーズな友人関係を築ける自信や、問題をちゃんと理解し、授業についていけるという自信であったり、さまざまです。まず、子供に自信をつけさせたいのであれば、漠然的なことではなく、目標をしっかり立てて、それを一つ一つクリアさせていくのがオススメ。

例えば、家庭教師をつけることなどの選択肢も一応あります。

学習は目の前の目標を一個ずつクリアしていける最適な行為であり、家庭教師は勉強の指導ばかりでなく、信頼できる相談相手としてコミュニケーション能力を養わせる練習台にぴったりです。また、家庭に第三者が加わることで親がこれまで気づかなかったことに気づかされたり、子供に心境の変化をもたらすという期待も持てます。

家庭教師のトライ人と人とのつながりは、1対1がまず基本。マンツーマンで授業が行われる家庭教師なら、一から対人関係を学び直すこともできるはずです。

家庭教師は子供だけでなく親の相談相手にもなり、「家庭教師のトライ」のように不登校や登校拒否の子供に対して厚いサポート体制を組んでいるところもあります。親が疲れきってしまわないように、家族の負担をできるだけ軽くすることも重要です。