引きこもりから脱出~不登校の原因とその対策

体験談から見えてくる、ひきこもりの原因とそのパターン

ひきこもりこのサイトでは子供のひきこもりの原因とその脱出方法を、実際の体験談を交えながら紹介しています。
様々な原因について解説しながら、家庭教師、カウンセリング、医療機関などの対策についても説明ています。

不登校やいじめ、病気、悩みなど、ひきこもりになる原因はさまざま。家族内だけで悩まず、いろんな角度から情報収集されること、第三者にも相談することをおすすめします。その一つの手段として、このサイトを参考にしていただけたら嬉しいです。

ひきこもりの原因は子供の数だけ千差万別

現代の子供たち(中高生)におけるひきこもりの原因には、家族関係における親の過保護家庭内暴力の問題、友達や先輩との人間関係のこじれやいじめを始め、本人が抱える悩み(勉強の遅れであったり、病気やうつ)など、さまざま問題が浮きぼりとなってきます。

いじめの原因これに対し、親はトラブルは家庭内のことだからと自分たちだけで頑張って解決しようとし、家族だからこそ話せない悩みを抱えていると子供たちの心を開けないというケースがほとんど。

ひきこもりから脱出するためには、家族以外に信頼のおける第三者がとても重要になりますが、ご近所づきあいがあまりない現代社会では、新しい形での相談相手が求められています。

そこで必要となってくるのが、家庭教師やカウンセリング、医療機関などの存在です。

学習面と精神面をサポートする不登校専門の教師

部屋から出てこられない子供や、人との接触を拒んでいる生徒の場合にもメールや手紙、電話などでコミュニケーションをとって対応するなど、信頼関係を構築することからまずスタート。家庭教師ならマンツーマンでの学習なので生徒が他の目を気にせずに勉強に向かえるほか、挫折を味わい、自信を失っている子供が学習を通して目標を一つ一つクリアし、自分に自信を取り戻すことができるようになります。

ひきこもりの原因トライなどを代表とする家庭教師では、ひきこもりに悩む生徒に対し、その学習面だけでなく精神面もサポートする不登校専門の教師をそろえられているため、心の拠り所にしている親御さんが多いのが現状。

また、子供だけでなく、親の相談相手としても家庭教師は頼りになる存在です。同じように、ひきこもりの原因と状態によっては、カウンセリングや医療機関からのアプローチするという選択肢もあります。

このサイトでは、ひきこもりに悩む子供や親の体験談を数多く紹介しています。今なお、脱出方法が見えないというご家庭の皆さんのお力になれれば幸いです。

 




実際に参考になったブログ記事を紹介させていただきます